ムサシ工業は1973年工業用ミシンパーツの製造企業としてここ大分空港に隣接する武蔵町に進出、操業を開始しました。 以来35年、現在では工業用ミシンはもとより半導体・液晶関連、光学機器関連等の装置設計、加工、組立まで幅広く対応しております。

 2003年ISO14001認証取得、2006年クリーンルーム(クラス10000)の組立工場を増設、機械設備においては既存のMC群に加え、大型研削盤、5軸同軸MC、など大型部材対応にも注力し、2007年、これらの大型部材に対応するため新たに三次元測定器(測定域2000×1200)の導入を図り品質管理に努めておるところであります。

 我々は、お客様のご要望にお応えし、皆様から信頼をいただくことが企業の成長と継続発展につながるものと考えております。
加工一辺倒からの脱却を図り、現在では設計、加工、組立までの一貫体制を構築し皆様からのご要望にお応えし、各方面より高い評価をいただいているところであります。

 今後も「お客様あってこそ」の精神を旨とし、「お客様から信頼され、選ばれる企業」を目指して参ります。

 一層のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。



ムサシ工業株式会社
代表取締役社長

近藤 治郎


HOME